建設の要のゼネコンとサブコンとは

縁の下の力持ちとも言えるサブコン

サブコンについて知る

ゼネコンという言葉を調べていくと、そのうちサブコンという言葉に出会うという方も少なくはないでしょう。
では、そんなサブコンとは一体どういうものなのでしょうか。

サブコンは簡単に言いますと、ゼネコンからの依頼を受けて施工などをしていくいわゆる下請けのことをそう呼びます。
これらはゼネコンのサポート会社や子会社がほとんどになっているので、ゼネコンにはサブコンの存在は欠かせないというわけです。

ちなみに、具体的にはどういう雰囲気で仕事をするのかと言いますと、現場に行きますと当然現場監督が仕切っていきますが、ほとんどがゼネコンとサブコンそれぞれの現場監督がいて、その指揮のもとに各々の仕事を行っていくという流れになっています。

こんな仕事をしている

ではそんなサブコンの基本的な仕事はどういうことをしているのでしょうか。

サブコンは主には、いわゆる建物に関しての専門的な工事を行っていることが多いです。
具体的な工事内容は、大工仕事やとび業や左官業や電気設備工事、さらには衛生設備工事や消防設備工事が挙げられます。

前出のページでサブコンの作業をする人たちはサブコンの現場監督の指示を仰いでいるということを記しましたが、このように担当する作業も一つ一つ指揮をとっており、場所や物品の管理も行っています。
さらに、ゼネコンの現場監督は一つの現場を担当しますが、サブコンの現場監督は複数の現場を掛け持ちすることも少なくはありません。
このように、サブコンの現場で働くには専門的な技術や知識がある方がいいと思われます。


シェアする

B!